ウーマン

おまかせコースがアツイ!チラシ印刷をさらに格安にするワザ

オプション加工の活用

フライヤー

格安のチラシ印刷を利用する上でも考えておかないといけないのは、開封率。DMの戻り率の指標とされている開封率は、そのチラシでいかに宣伝や集客効果があったかを見るデータです。開封率は内容がいかに魅力的なものであるかも問われますが、チラシ自体の仕様も重視されます。そのため、ターゲットや目的に合わせてチラシ印刷を利用する上でも工夫をしないといけないわけです。
格安料金で利用できるインターネット注文を請け負う業者は、こうした企業のニーズに合わせてさまざまな追加オプションを用意しています。例えば、ミシン入れでチラシの一部を切り離しやすくしたり、PP貼加工でツヤ感やマット感を出したりします。こうした加工をすることで、お客様の目に止まりやすくなり開封率を高めることが可能です。

オプションも充実している格安のチラシ印刷サービスは、基本的に印刷する用紙の種類、サイズ、色数で単価が決まるようになっており、オプションはさらに単価上乗せされるシステムです。また、加工内容によっては基本料金プラス単価が設定される場合もあるので、事前確認をした上で利用するのが得策でしょう。特にチラシ印刷に用いられる加工で多い2つ折りや3つ折りは、自社で対応することもできますが時間と手間がかかります。しかし、単価と基本料金で対応してもらえるオプションの折り加工を依頼すれば、仕上がりで既に折りが入っているのでそのまま配布できます。オプション料金がプラスでかかりますが、その分にかかる人件費や時間を考えると格安になるのでおすすめです。